淡路工舎のこだわり

兵庫県淡路島にて、伝統的な技術を持つ宮大工集団、「淡路工舎」。

全国各地の社寺建築を基本に、古民家再生・新築住宅・リフォームなど、幅広い設計施工を行なっています。


 

木を見て、墨をつけ、手で刻む。

 

はじめに、木を選び、木の特性を見極める。

 

一人ひとり、人間も違うように、木も個性がある。素直な木もあれば、癖のある木もある。

 

それを活かして、組み合わせることで、柔軟でねばりのある家が建つ。

 

毎日、木に触れて道具を使うこと。シンプルだけど、その積み重ねが、確かな目を養う。

 

 

 

柱と梁を組む。

 

宮大工として、釘や金物を使わずとも、木を組める伝統的な技術を習得した。

 

しかし、新しい技術や素材も理解し、応用していく。

 

昔ながらの伝統的な工法をベースに、現代のデザインも活かしていく。

 

柱と梁を組む、昔と今を組む。

 

 

人と人で住まいをつくる。

 

人が住む家だから、人がつくる家だから。

 

関わる全ての人が、納得行くまで対話をする。

 

対話の中から生まれる暮らし方のアイディアこそが、住みよい家を作っていく。

 

家づくりは簡単ではない。だから、当然おもしろい。

 

大工棟梁・藤田大の思い

 

 

宮大工の技術はある。でも独りでは、形はできない。 

 

お施主様、仲間、地域のみなさん、関わるすべての人が、考え・学び・活かす必要がある。

 

この時代においても”住み込み” で弟子を育て、技術を継承する取り組みもしている。

 

ただ1棟つくるのではない。我々は、これからの地域の住まいをつくっていくのだ。


■ 一般住宅の新築・リフォーム・古民家再生、承ります。

設計施工のご相談、工舎・自邸の見学、取材等のお問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ。

淡路工舎(あわじこうしゃ)

 一般住宅 設計・施工(新築・リフォーム・古民家再生)

 社寺建築 設計・施工

 

所在地:洲本市安乎町平安浦680

電 話:090-5892-3648 (棟梁・藤田大)

F A X: 050-3730-9604

メール:awajikousha@gmail.com